あおい設計室の家づくりの理念

DSC04113

あおい設計室の理念

あおい設計室では、以下の3点を遵守します。

常にお施主様の味方であり続けます

建築士は、常にお施主様の味方であり、お施主様とそのおうちが最善のものになるようにいつもベストを尽くします。常にオープンに話をしていただけるよう、コミュニケーションを大事にしていきます。

デザイン重視の設計は行いません

好みのデザイン重視の設計は、普段の生活に不便さをもたらします。あくまでも機能あっての住宅です。お施主さまの暮らしに合わせた空間作りに努め、かつナチュラルシンプルで使いやすい建物を造ります。

自然素材を使います

毎日暮らす大事な場所に自然素材を使用することは、体に良いだけでなく、心や精神も穏やかなものにしてくれます。体にいいものを食べるだけでなく、暮らす空間を自然に触れることで、子どもたちは情緒を安定させ、大人は安心を感じます。このように自然素材と暮らすことで心身ともに健康になれる家づくりを目指します。

あおい設計室のコンセプト

コンセプトは、

「あなたのこだわりを形に変える設計」

です。

夢と現実に揺れる家づくり



家を建てる前、あなたはいろんな素敵な雑誌やモデルルームであれこれ理想が膨らんでいることでしょう。でもその一方で、予算がないからウチには無理・・と最初から否定していませんか?

もちろん、こだわるということは、それなりのお金がかかることは現実です。それでもそのこだわりのおかげで、毎週出かけた外出レジャー費が浮いたり、毎日の暮らしが飛躍的に暮らしやすくなったらどうでしょうか?

予算の関係で、夢を断念したり、できあがってからこうではなかった、と悔やんだり、家づくりにはいろいろな失敗談もあります。昔から家は3度建てないといい家はできないなんて言われたりしますが、普通の人にとっては、一生で1回きり(大抵は)の大事な家づくりです。

一度で成功させましょう。そのためのアプローチがあるんです。

夢を叶える家づくりへのアプローチ



あなたのこだわり・夢を叶えるためには、あなたの中の思いや家族の思いなど、あなた自身にしか見えない分からない深いところにある感情を、表に出すという作業が必要になります。つまり、コトバにする必要があります。

そこで、あおい設計室では、最初にお客様に「家づくりコーチング」を受けていただくようおススメしています。

「家づくりコーチング」は、あなたが本当にほしいと思っている家の姿、つまりあなたの家のコンセプトをあなた自身が言葉で作り出せる様に、少し時間をかけて、取り組んでいただいています。

通常の設計前に聞かれる家族構成やほしい部屋や大きさなどだけでは、本来あなたが欲しかったと心の奥で思っている思いは引き出されません。なぜなら、人はみな違う価値観を持っているからです。

ハウスメーカーさんやモデルルームを回って、なんか違うな、自分の思っているのとは違うなと感じたら、一度この「家づくりコーチング」を受けられることをおススメします。

ちなみに、「家づくりコーチング」を受けても、あおい設計室で必ず設計をお願いしないといけないわけではありませんので、どうぞお気軽に。

家づくりに対するその他の取り組み


 
あおい設計室では、「誰にも相談できるところがなかった」という声が多く聞かれたことから、他にも以下のサポートを行っています。

  • おうちのセカンドオピニオン
  • お片づけサポート
おうちのセカンドオピニオン

設計を他の会社でお願いされた方の、セカンドオピニオンを受けています。

  • 予算の関係で、他に頼んだけど、本当にこれでいいのかな?
  • なかなか自分たちの考えが設計者に伝わらなくて困っている
  • 変更を申し出たら、無理と言われた
  • この間取り以外にももっといいものがあったんでは?

などと不安に思いながら、決定を急がされているお客様に対して、セカンドオピニオンと呼ばれるいわゆる添削作業をさせていただいています。

セカンドオピニオンに関する詳しい記事はこちら。

お片づけサポート

新築前・後に関わらず、片付けができないもしくは苦手だというお客様のために、お片づけサポートを行っています。

  • 新築したのに、なぜか使い勝手が悪い
  • 収納を増やしたのに、片付かない
  • モノが増える
  • 家族が片付けない

ただし、このサポートは、お客様が主体的に動いていただくサービスです。建築士が一方的に片付けても、また片付けられなくなってしまうので、あくまでもモノのしまい方・出し方を実地勉強しましょうというサービスです。

お片づけサポートに関する詳しい記事はこちら。

あおい設計室は、あなたのライフスタイルに合わせたオリジナルの家造りをお手伝いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ