カビを追放したい!今からできる湿気対策って何?


問い合わせをいただきました。
「しばらく使っていなかったおうちがあるのだけど・・。久しぶりに行ったらすごいことになっていて・・。カビが生えてしまっただけど、どうしたらいいのかしら?この後どうやって管理したらいいのかしら?」

なぜお部屋にカビが生えてしまったのか


 このおうちは、すぐ裏手に川が流れているそうです。また、日中は仕事に行くため、閉め切っており、帰ってきても夜なので、夏はクーラー、冬は暖房ととにかく閉め切っている状態が続いていました。これでは、空気が流れませんので、一旦暖められた室内の空気は、そのまま温度が下がると自然に水蒸気となってお部屋の湿度の原因になっていたことが想像されます。

これが一定以上の量になり、カビが好む状態になり、結果カビさんの大発生という状況になってしまったのでしょう。

特に、北側の窓は温度が下がりやすいので、最も結露が発生する状況になります。また、和室の畳は吸湿性があるので、それらの湿度を吸い込んで、吐き出すところがないので、そのままためこんでしまい、カビが発生するというわけです。

生えてしまったカビはどうしたらよいか



窓や壁であれば、カビ取りスプレーや拭き掃除である程度撤去することはできますが、根が深いので、完全に取り切ることは不可能です。また、カーテンやクッションなどはつけ置き洗いの後、天日干しで完全に乾かします。

ソファなどの大型布製品は丸洗いできないので、完全には難しいですね。拭き取りぐらいしかできないかもしれません。畳は、まず天日干しを行い、その上でカビ取り剤で拭き取るのがいいでしょう。

カビや結露が発生しない部屋にするには


 さて、とりあえず一旦きれいに掃除ができたら、この後、カビを発生しない部屋にしないと、また元の木阿弥です。同じ様に管理してたら、またすぐカビの住処になってしまいますよ。

まず、第一段階として、空気の流れを作ってあげることが大切です。もし、普段家にいなくて窓が開けられないのであれば、せめて換気扇を回しましょう。そして、家の中のドアや引き戸は閉めっぱなしにせず、全部オープン!にします。

そのとき気をつけてほしいのは、お風呂やトイレのドアは閉めるということです。せっかく湿度を減らそうとしているのに、お風呂場やトイレの水気が部屋内に入ってくると意味がなくなるからです。

そして、少し面倒かもしれませんが、除湿器をかけます。(最も結露の多い部屋だけ)空気を流すということを意識してくださいね。

湿気対策簡単リフォーム

DSC01998

根本的解決には、リフォームがおススメです。大掛かりなリフォームをすればよいのですが、なるべく予算を抑えて・・とおっしゃる方が多いので、湿気対策用簡単リフォームをお知らせしたいと思います。

1クロスの上に防湿塗料を塗る!

今ある壁は、おそらくビニルクロスと呼ばれる壁紙が貼られた仕上げになっていることが多いと思いますが、その張り替えだけでは湿度に対して対抗できません。せめて吸湿性のある壁紙を貼ってほしいのですが、どうせなら、もっと有効で簡単な方法で壁をリフォームさせましょう。

おススメは、クロスの上から塗れる自然塗料です。クロスの上にシーラーと呼ばれる接着剤のようなものを塗り、その上に自然素材の珪藻土やしっくいをローラーやはけ、コテなどを使って仕上げていきます。つまり、

  • 今ある壁紙をはがさなくて良い
  • ただ塗るだけ
  • 自分でできる
  • 自然素材なので出来上がりが見た目もおしゃれになる
  • 吸湿性がある素材を使うので、湿度を壁が調整してくれる

というメリットがあります♪

2 換気扇をつける!

北側の窓の上部に換気扇を取り付けましょう。外部から工事ができるスペースがあるのであれば、簡単に工事ができます。

3 インナーウィンドウを取り付ける!

今あるサッシを取り外して入れ替えする・・というのは思ったより費用と時間がかかります。昔のサイズと今のサイズが違うので、ちょうどピッタリのものをつけようとすると、オーダーメイドになってしまうからです。

それなら、壁面にたっぷり断熱材を入れて(多少部屋の内寸法が小さくなりますが)、今あるサッシの内側(部屋の中)に、新たに窓を取り付けるというのがおススメです。インナーサッシは現在よく出ていますし、見た目も木製ですっきりしたものが多いので、イメージアップにもなりますよ。

壁と窓から逃げる熱を減らして断熱すると、結露の量はびっくりするくらい減ります。

お問い合わせはコチラにどうぞ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ