ご相談の流れ

あおい設計室に設計を頼んだら、どうなるの?

ご相談から工事が着工・竣工するまでの流れをご説明します。

1 まずは、メールで気軽にご相談


 家を建てたいと漠然とした希望はあっても、なかなかどうしたらいいのか判らないことっていっぱいありますよね?予算のこと、土地のこと、暮らしのこと、何から手をつけていいか判らないのに、いざ始まると一気に決めなくてはいけないことがたくさんあります。たったの1ヶ月でこれらを決めるのと、半年〜1年間ゆっくり時間をかけて決めるのとどちらがよいでしょうか?

もちろん、面倒だし、パッパと業者に任せてすぐ出来た方が楽だわと思う方もいらっしゃいます。もちろんそれでも素敵なおうちはできます。

ただ、住むにつれて、だんだん使いにくい箇所が増えていったり、ここに収納があったらなあと我が家の使い勝手になっていない間取りに不満を感じていく様になることも多いようです。

せっかくの家づくり、同じお金を出すなら少し前から余裕を持って計画してみませんか?あなたにはあなただけの、そしてあなたの家庭にそれぞれ大事にしているものがあって、他の家族とは少しずつ違います。違うからこそそれぞれに合った暮らしにぴったりのおうちができるのだと思っています。

家づくりがしたいなと思った時がスタートです。

気軽にメールでお問い合わせください。

2 次は対面無料相談で

NKJ56_kaigisuruahiruchan500

メールで具体的な相談内容がわかりましたら、次は実際にお会いしてお話したいと思います。

最近では、それぞれ得意とする分野が違う設計事務所はたくさんありますので、どこを選んだら良いのか迷われる方も多いことだと思います。実際お会いして、お話してみて、私と合うか合わないか試してみてください。

人と人が関わって何かをするときに一番大切なことが「相性」だと言われています。

設計は、これから長く続くおつきあいの始まりにすぎません。相性が良くないとなかなか思ったことが伝わらなかったりトラブルの元になったりする恐れもあります。相性が良いとやっぱり設計もスムーズに行くことが多いです。

ですので、おすすめは、家を建てたいなと思い始めたときに、いろんな設計事務所巡りをして自分の気持ちを判ってもらえる設計事務所を探すことです。

ご相談の場所は、こちらの事務所でもいいですし、ご自宅にお伺いして今の暮らしとこれからの暮らしの話をしていただくのもとても参考になります。(より良い暮らしのご提案のために、ご自宅訪問は一度は必須です^^)

もちろん赤ちゃん・幼児さん連れも大歓迎☆オモチャや絵本があるので安心して一緒にお越し下さいね。

リフォームの場合は、おうちの採寸に伺う日を改めて決定します。

3 着手(初期提案)



無料相談で実際にお会いし、あおい設計室で家づくり計画をスタートしたいというお話になれば、お客様のご要望を元に、初期提案作成を開始します。

こちらは有料になりますので下記の金額をご負担いただきますようお願いします。

初期提案作成費用

住宅新築(木造)  :50,000円(税別)
リフォーム・店舗改装:30,000円(税別)

(注:初期提案作成費用はお返しできません。ただし、本契約の設計監理料に充当されます) 

4 初期提案(プレゼンテーション)



お客様のご要望とママ一級建築士が使いやすさを追求したデザインで、プレゼンテーションを行います。こちらをご覧になって、説明を聞いていただき、ご家族でご検討ください。

嬉しいことに気に入っていただければ、次の段階、「設計事務所とお客さまとの間に交わす設計監理業務委託契約」に進みます。

残念ながら、お気に召さなかった場合は、こちらで終了です。(初期提案費用はお返しできませんのでご了承ください)今後良きパートナーと巡り会われ、おうち作りが成功されることをお祈りいたします。

この場合、作成いたしましたプランは、他で使うことはできません。さらに、プランについて当方が関知しない状況で使用したことによるいかなる結果に対しても一切の責任は負いませんのでご了承ください。

5 設計監理業務委託契約(あおい設計室とお客様)



本契約になります。

重要事項説明を行い、設計図(基本設計といいます)の説明を行い、契約書の説明を行います。

このとき、設計監理料と支払い時期等についてもご説明いたします。詳しくは設計監理料とはをご覧下さい。

6 実施設計⇨見積もり


 実施設計

無事に契約が出来ましたら、実施設計に移ります。

実施設計とは、実際に工事ができるように、基本設計の図面を元に、詳細な図面を書いていくことです。このとき、まだ少し変更したい部分や細かい収納のこと、使い勝手など打ち合わせをしていきます。もちろん照明やコンセント、家具や空調など全部こまごまと決めていきますので、とっても楽しい作業です。

大変かもしれませんが、最初に「あなたの希望」がはっきりしているので、迷うことなく進められると思います。

見積もりチェック

この実施設計ができあがりましたら、続いて工務店さんに見積もりを出します。見積もりは約1ヶ月で出てきますので、仕様と金額の確認を行います。お客様が納得してくだされば、施工業者を決定します。

7 工事施工請負契約(施工業者とお客さま)



続いて工事をするための工事施工請負契約を今度は施工業者(工務店さん)とお客様の二者で交わしていただきます。設計事務所は第三者的立場として関わります。

8 確認申請


6、7とほぼ平行で、役所に建築の確認申請を行います。確認申請に係る費用は設計監理料とは別になっています。詳しくは、設計監理料とはをご覧下さい。

確認申請許可が出ないと、新築工事はできませんので、これは必須項目です。

9 工事開始(監理開始)



工事が始まると、週に1、2回くらいのペースで監理を行います(新築の場合)。

また、必要に応じて事務所や現場にてお客様にも同席いただき、施工者との3者にて更に詳細な打合わせを行います。

監理とは、図面通りに工事が進んでいるのを確認する作業はもちろんですが、仕上げによって見えなくなる部分(構造・配管・断熱)も主に監理しています。

他に、役所の中間検査・完了検査などを受ける対応もします。

10 工事完了⇨お引き渡し


工事が完了いたしましたら、設計事務所のチェック、役所のチェックを行い、手直し終了後、最終的にお客様にご確認をお願いします。

その後、お客様に建物をお引き渡しいたしますが、その際、竣工図・設備などの取り扱い説明及び保証書等をお渡しいたします。

ここで監理業務は終了いたしますが、おうちはメンテナンスが必要ですし、片付けやインテリアのことなど何かありましたらいつでもご相談ください。長い良きおつきあいをお願いいたします♡

サブコンテンツ

このページの先頭へ