家を建てる時に必要な金額ってどれくらい?



坪単価50万でおうちが建ちますよーとか、○○ホームでは、坪単価35万!なんてよく聞くコトバですが、それだと一体いくらでおうちが建っちゃうのでしょうか?

例えば、4人家族ですと、平均的に30坪ほしいと考える人が多いので、単純に坪単価50万で、

30坪x50万=1500万(消費税除く)

になりますよね。それが坪35万円だと、

30坪x35万=1050万(消費税除く)

になります。安いー。それで家建てられるの??だったら早く買おうー!

・・・って思っちゃいますよね。ところがところが、坪単価に入らなくて、家を建てるのに必要なお金というものが存在します。おうちや土地の状況にもよるので、金額は多少変動しますが、ざっくりこんなもんというのをご紹介します。

建築費用(家づくりにかかるお金)は大きく4つに分かれる

先ほどの例に上げた4人家族で、

在来工法木造2階建て住宅、延床面積30坪の家

を建てる時の総費用を計算してみましょう。

A 建築本体工事費(坪単価に含まれるもの)+付帯工事費



建築本体工事とは、そのコトバ通り、建物の建築に関わる全ての工事費のことです。具体的には、仮設工事、基礎工事、柱や屋根や壁、サッシなど「家」を作るのに必要なものが含まれています。

付帯工事費とは、建物に付帯するという意味で、電気やガス、水道など外から建物の中に引き込む工事のこどです。屋外給排水工事、屋外電気工事、ガス工事などがあります。

  1. 建築本体工事費 30坪x50万=1500万
  2. 付帯工事費

・屋外給排水工事  20万〜30万ほど(既存があれば発生しない)

・屋外電気引込み工事 50万ほど(状況により0〜100万程度まで差がある・既存があって同じ取り出し口だと費用は発生しない)

・ガス引込み工事 30万ほど

合計  A=1+2=1660万+消費税8%=1792万円

B 諸費用


  1. 建築確認申請手数料 35万(あおい設計室での設定料金。公納金+代行手数料)
  2. 契約印紙代     1万5千円+2千円=1万7千円ほど(工事請負契約+設計監理委託契約)
  3. 登記費用      25万(表示登記は10万円前後)
    不動産関係の登記費用
    (減失登記・建物表示登記・所有権保存登記・抵当権設定登記等)
  4. 解体費      100万(既存がある場合)
  5. 敷地調査費(測量) 15万(正式な測量図がない場合)
  6. 地盤調査費    5〜10万(ボーリングの工法により異なる)
  7. 地盤補強工事   6の結果、地盤が弱い場合に行う。別途見積もり
  8. ローン諸費用   110万ほど(ローンを組む時にかかる保証料・手数料・火災保険料など)
  9. 地鎮祭・上棟式費用 15万(地元の神主さんにお願いする)
  10. 近隣挨拶代    1000円x近隣数(消耗品など)
  11. 引越代      30万(意外と高くつくが、忙繁期をずらすなど見積は必須)
  12. 仮住まい代    100万(今住んでいる所に建築する場合。解体〜完成までおおよそ7ヶ月)
  13. 不動産取得税   評価額による(取得後1年以内にかかる税金。一括現金払いなので注意。)
  14. 固定資産税    評価額による(毎年かかる)
  15. 都市計画税    評価額による(毎年かかる)

合計 B 240万(別の土地に建てる場合)〜340万(今の場所に建てる場合)円

C 別途工事


  1. 植栽・造園工事 50万
  2. 外構工事    100万〜300万(門扉・カーポートなど)
  3. 空調工事    75万(エアコンなど)
  4. カーテン工事  20〜50万
  5. 照明工事    20〜50万
  6. 追加・変更工事 都度(工事中に、お客様からの追加・変更があった場合)
  7. 家具工事    300万〜(キッチン、洗面など造作する場合)

合計 C 265万〜825万円

D 設計監理費(設計事務所に依頼する場合)


  1. 設計監理料 30坪x10.5万円=315万円(あおい設計室の場合)
  2. 消費税    8%=25.2万円

合計 D 340.2万円

合計すると、A+B+C+D=2637万〜3297万円となります。

こうして見ると、結構「坪単価」意外のものが単価が大きいのがわかりますよね。一般的には、現金として、250万〜300万あると大丈夫かと思います。結構必要になりますねえ。

トータル金額が分かれば、頑張って節約・貯金もできるってものです。かくいう私も、現実に現金があっという間に出て行く有様を信じられない思いで体験しましたが、家のためなら!とできたんです。多分自分の趣味や美容にはそんなの出せない・・・(苦笑)。必要なものは必要なんですからね。払う所は払いましょう。そして、落とせる所は落としましょう!

なので、あなたのコンセプト作りは重要なんですよ。

まだ決まっていないあなたは、ぜひ「家づくりコーチング」を受けてみてくださいね♪

お問い合わせはコチラ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ