家の工法を知ろう

木造のおうちの工法は、大きく分けると2つあります。ちなみに、工法とは、家の建て方・建てる構造のことです。

  • 軸組工法(じくぐみこうほう)
  • 壁式工法(かべしきこうほう)

ハウスメーカーさんや工務店さんは、いろんな工法を売りにされていますが、構造自体は主にこのどちらかになります。では、次にそれぞれの工法についてご説明します。

軸組工法(じくぐみこうほう)

軸組

日本の伝統的な家の建て方で、木造住宅のほとんどは、この建て方で建てられています。主に柱と梁の軸組で支える構造です。設計事務所や工務店はこの工法を使うことが多いです。在来工法とも呼ばれています。

メリット
  • 設計の自由度が高い
  • 業者の選択肢が増える(対応できる会社が多い)
  • 増改築がしやすい
  • 構造体に無垢材を使うことが多い
  • 開口幅が大きく取れる
  • 将来の増築も比較的可能(いろんな制限をクリアした場合)
  • 通気性がよい
  • 梁表しなどで木の持つ調湿効果が期待できる
デメリット
  • 水平方向の力に対応するのが筋交いであるが、このバランスがうまくないと地震に弱い
  • 補強金物(柱や梁・土台と連結するもの)の種類と場所をきちんと取り付けないといけない
  • 壁式構造と比べると、地震時に揺れ方が強く感じる
  • 大工さんの手間代がかかる
  • 工期が長い
  • 出来上がりが大工さんの善し悪しにかかる
  • 設計の自由度が高い

つまり、昔からの建て方なので、どの会社でもほぼ対応できるし、自由度も高いが、大工さんの善し悪しに出来上がりが左右されることもあるってことです。

壁式工法(かべしきこうほう)


ツーバイフォー(2x4工法)と呼ばれる2インチx4インチの角材が使われるところから、そのように呼ばれますが、主に壁や床などの「面」で構成されている箱状の工法のことです。

メリット
  • 耐震性にすぐれ、気密性や断熱性が高い
  • 工場でパネルを制作するので、現場での施工が早い
  • ノコギリと金槌でできる工法なので、職人さんの善し悪しに左右されず、出来上がりが均一
  • 工法がマニュアル化されているので、工期が短く完成が早い
  • 大壁(柱が見えない構造のこと)なので、耐力や断熱性を向上できる
  • 規格が統一されているので、材料の供給が安定されていることと、品質の高さが維持できる
デメリット
  • 面で力を支えているので、将来の増築・改修工事などで壁を撤去したり、穴を開けたりということができないので、間取りの変更には向かない
  • 木による調湿効果は期待できない
  • 施工できる会社は決まってくる(軸組工法と比べると少ない)
  • 気密性が高いので、湿気が抜けにくい(シックハウス対策が必要)
  • 施工方法を知らない人が作ると欠陥住宅になることがある
  • 大空間が取りにくい
  • 大開口が取りにくい
  • 設計の自由度が低い
  • 屋根を葺くまでの雨対策が必要

つまり、壁式工法を得意とする会社であれば、工期も短く出来上がりも安心できるが、将来の間仕切りの変更や設計の自由度は低いよってことですね。

どの工法がおススメなのか

NKJ56_reikokkurenga500

それぞれメリットデメリットがあるので、あなた自身がよく納得した上で選択されることがベストです。

耐震的には面構造が強いですが、その分規制もあって、窓が大きいのが入れられなかったり、好きな位置につけられなかったりします。

在来構造は、とても日本人にはなじみのある構造で、やっぱりしっくりくる感じはしますね。

私自身、実家が3回も家を建てたので(!)、両方住んだ経験からすると、安心感を第一に考えられる方は、面構造、気持ちのよい空間を作りたいと考える方は、在来構造がおススメです。実際、面構造の家は開口が小さく、好きな位置に開けられなかったので、設計する時に苦労しました。

もし迷われているのなら、近くの工務店で現場見学会に行って実際にご自分の目で見てみることが一番です。

他にもあるよ、こんな工法

NKS51_wleki500

上記の他にも、いろんな工法名がありますが、結局は上記のどちらかに分類されます。

  • 木質パネル構造・・・壁式工法(床、天井、壁を規格化したパネルを組み立てる)
  • 軽量鉄骨ブレース構造・・・軸組工法(木造が軽量鉄骨に代わっただけ)
  • 重量鉄骨ラーメン構造・・・軸組工法(梁と柱が接合部で剛接合されたラーメン構造のこと。大空間が可能だが、高い)
  • 鉄骨ユニット工法・・・壁式工法(部材を工場で作って現場で組み立て)
  • プレキャストコンクリート工法・・・壁式工法(コンクリートで作った部材を現場で組み立てる)

3階建てや4階建ての時は、重量鉄骨を使った鉄骨造・コンクリートを使ったRC造の設計になり、別途構造計算が必要になります。もちろん木造でも3階建ては作れますが、この場合も別途構造計算が必要になり、その分設計料が増えますのでこの辺りも検討して、どれがいいかなーと選んでくださいね。

何か質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ