設計監理料について

住宅新築(木造)の設計監理料

まずは、設計の流れでご説明させていただいたように、ご相談(無料)の後、初期提案として具体的にプランニングを行います。恐れ入りますが、着手金として以下の金額をご負担ください。

【初期提案作成費用】

住宅新築(木造)  :50,000円(税別)
リフォーム・店舗改装:30,000円(税別)

初期提案で私と話や価値観が合うなと思われ、プランを気に入って進めたいと思っていただけましたら、本契約となります。もしお気に入りいただけない場合やその他私と合わないなと思われましたら、ここでお断りしていただけます。お客様からお断りしやすくするための前段階としての初期提案費用をお願いしています。

もちろん、本契約に至りましたら、その場合はこの初期提案費用は本契約内の設計監理料に充当されます。

[本契約 新築工事(木造住宅)の設計監理料]

新築工事(木造住宅)の設計監理料は、建物の施工床面積に対して設定しています。

(※施工床面積とは:延床面積は基準法で定められた面積の合計で、施工床面積は全ての工事面積を指します。例えば、ベランダやインナーガレージ、小屋裏収納などです)

木造在来工法の場合(平屋・2階建てまで)
(含まれるもの:照明計画・カーテン・ブラインド計画・インテリア相談・収納相談・ライフプラン相談・家具デザイン料)

  施工床面積

〜20 坪   11.0 万円/坪(税別)

  21〜30 坪   10.5 万円/坪(税別)

  21〜30 坪   10.5 万円/坪(税別)

  31〜45 坪   10.0 万円/坪(税別)

  46〜60 坪   9.5 万円/坪(税別)

  61〜75 坪   9.0 万円/坪(税別)

76〜90 坪   8.5 万円/坪(税別)

  91〜120 坪    8.0 万円/坪(税別)

  121〜150 坪  7.5 万円/坪(税別)

151〜200 坪  7.0 万円/坪(税別)

  • 店舗の新築の場合は別途見積もり
  • RC造・S造・混構造の場合は別途見積もり

[本契約 改修工事 の設計監理料]

改修工事の設計監理料は、建物の総工事費に対して設定しています。

建物の規模だけでなく、構造・用途によるものの違いが大きいため、総工事費に対して設定しています。

(含まれるもの:照明計画・カーテン・ブラインド計画・インテリア相談・収納相談・ライフプラン相談・家具デザイン料)

総工事費(税別)

500万未満      16 %(税別)

500万〜1000万未満     15 %(税別)

1000万〜1500万未満   14 %(税別)

1500万〜2000万未満   13 %(税別)

2000万以上     12 %(税別)

[外構・植栽工事 設計・監理料]

外構・植栽工事費の15%

[別途精算項目]

次の項目の業務にかかる費用は別途精算をお願いしています。

  • 確認申請代行料350,000円(税別)(確認申請料・中間検査・完了検査手数料約120,000円含)
  • その他申請にかかる手数料
  • 敷地測量
  • 地盤調査(ボーリング)・測量・真北測定
  • 既存の建築物に関する調査
  • 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資を受ける住宅
  • 契約時の印紙代・その他公納金
  • その他特別の専門家を必要とする業務(木造3階建は外部の構造設計事務所に委託)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ