設計事務所ってどんなところ?

あなたは、設計事務所と聞くと、どんなイメージを持っていらっしゃいますか?

普通の人にはあんまり馴染みのない場所ですよねえ。私も一級建築士ですが、他の事務所さんなどは、結構訪ねるときに緊張したりするので、おそらく普通に遠い存在のものだろうなと思っています。

でも、中の人間はとっても真面目で建築が大好きな気のいい人が多いです。(飲むのが好きな人も多い^^;) もし気になっている設計事務所があるのでしたら、一度アポイントをとってみてください。メールか電話で受付しておられることが多いです。ただし、設計の仕事は事務所にいたりいなかったり、なので、必ず予約してから伺ってくださいね。

設計事務所の役割

設計事務所は、プランを考えるところです。

プランとは、おうちやお店の設計図を作ることです。

お客様のご要望・予算をお聞きし、それに合ったプランを作ります。その後、その図面を見て見積もりを出してくれるのは、実際に工事をしてくれる工務店さんです。

設計事務所は設計をするので、直接工事はしません(塗装やDIYのお手伝いはすることがあります^^)。工事をするのは、あくまでも工務店さんになります。

地元の工務店さんで、よく折り込み広告に載せていらっしゃるところは、設計も自社でできちゃうよ、という工務店さんです。自社の工事がスムーズにいくように、独自の設計方法を持っておられるところです。

すると、よく聞かれるのが次のような質問です。

  • だったら設計と工事が一緒の方が安いからいいんじゃないの?
  • どうして独立した設計事務所というものが存在しているの?
  • 設計事務所と工務店の設計はどう違うの?

それでは次に設計事務所の役割をお話しします。

設計事務所がなぜ必要とされているのでしょう?

あなたの代わりにチェック!

設計事務所は、プランを作るだけでなく、作ったプランから上がってくる見積もりを確認し、その上で工事が設計図通りに進められているかきちんと確認して工事が完了するまであなたの代わりにしっかりチェックします。

ですので、同じ会社内にいる施行部門のチェックを同会社の設計部門が行うよりは、もっと第三者目線で相手に気を使うことなくできるのです。そして、それはあなたの代わりとして、お客様の代理人としてプロとして行うので、同会社の設計よりもずっとお客様の立場でいられるのです。

つまり、設計(プランニング)と施工(工事)は、対等の立場ですので、お互いによい刺激を受けつつ良い建物が建つように努力できます。これは極めてクリアな関係ですね。

あなたの要望をまとめて図面に載せる!

あなたはおうちに対していろんな要望があると思います。それを文字でいくら書いても、工事をしてくれる人には100%伝わるかと言ったら難しいです。なぜなら、工事は全て「設計図」を通して行われるからです。設計図に書いてないことは、工事には反映されません。もちろん見積書にも上がらないので、金額も発生しません。

つまり、全ては「設計図」が基本になります。

この「設計図」を作るのが建築士の仕事です。これを元に、工務店に見積もりをしてもらい、調整を行います。この設計図が各工務店でバラバラだと、バラバラの内容の見積書が上がってくるので、比較のしようがありません。ただし、なんでもいいから安く提示してくれるところがいい!と考えている方には当てはまりませんが。

いつもあなたの味方!

建築士は、自分の建てたいものだけを作りたいワガママな集団ではありません。あくまでもお客様が一番使いやすいように、最善の方法やそのお客様の使い勝手に合わせたモノを選定し、提案します。これは、今までの経験と知識とから生まれてくるもので、決して自分たちが使いたいからといって選定することはありません。

それでもお客様と建築士の意見が違ったり、工務店からこれは難しいと言われることもあるでしょう。

そんな時も、ゆっくり話し合い、スムーズに工事がいくよう調整していくのも建築士の仕事です。

要は、いつでもなんでも相談できる、パートナーであるのが建築士なんです♪ どうぞお気軽に☆☆

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ